デリヘルで楽しもう!

【デリヘル入門!】

デリヘル初心者の男性へ。
ここでは、僕の長年のデリヘル通いで培ってきた最高に楽しい遊び方や賢い遊び方・テクニックなどを紹介します。
すぐに実践できる初心者向けのものばかりですので実用性は高いと自負いたしております。

まずデリバリーヘルス(デリヘル)にいる多くのキャスト(デリヘル嬢)の傾向について、僕なりの視点からお伝えさせていただきます。

dpress

今のデリヘル嬢は、そんなに固くない。
だから楽しめるんです。
本人たちも、ソープで働くまでの強い意思があって稼ぎたいという気持ちは無さそうです。
デリヘル嬢になろうとしている女性の多くはネットや雑誌に載っているデリヘル店で手軽に面接を受けて、気ままな自由出勤で都合の良い日だけ稼ごうというのが本音です。
その中にはお小遣いの足りない現役女子大生や、家族に秘密のお金を稼ごうとしている人妻がたくさんいます。
結論から言ってしまえば、こういった『深刻ではない状況で働いているキャスト』がオイシイのです!
深刻ではない状況なのに、個人的にお小遣い稼ぎのために、見ず知らずの男性(客)の性欲を満たす仕事を選ぶのですから、遊びにはピッタリです。
こういったキャストはプライベートで遊ぶことも了承してくれる方が多いです!その際には、お店の外で遊ぶことのメリット・デメリットがありますが、まず初心者の方は、お店の目の届く範囲で最大限に楽しむ方法を攻略するのをオススメします!
また、キャストは深刻な状況(借金など)を、告白してくる場合がありますが、その8割は同情とお金(指名)を引くための嘘・演技だと思っておいたほうが良いでしょう。
こういったケースの場合、必要以上に同情することもありませんが、「うん、うん、かわいそうに・・・」などと『同情する姿勢』を見せると好印象です。

最初に言ってしまうのですが、僕が言える最大の攻略法は・・・。
『バカになれ』
この一言です。

どうせ裏の見えない世界。
どちらも駆け引きを前提とした騙しあい。
一番賢く、楽しく遊ぶために必要なのは、男がバカになってあげることです!
少しくらいキャストになめられたって、それもアリ!
それで気持ちよく遊べるのならいいじゃないですか(笑)

僕がお伝えする攻略法は「どうして客である俺がキャストの機嫌を取らなくてはならないんだ!逆だろう!」と怒ってしまうタイプの男性には不向きかもしれません。

バカになる

何も知らないバカ
ではありません!状況を把握して、上手にノリきれるユニークな心を持って余裕のある風俗ライフを・・・!

 

【お店選び編】

インターネットで検索すると、自分の住んでいる地域だけに絞っても、かなりの件数がヒットすると思います。
初心者の方は、ここで判断しようとしますが、正直に申し上げますと・・・。
どの店も変わりません!
よほど顔出ししているキャストさんがたくさんいない限り、在籍人数も疑わしいものです。
顔出ししている嬢も、実際会ってみたら別人だった・・・という報告はかなり寄せられています。このような場合、お店側は平気で言います。「同じ子ですよ!」と。あくまで写真映りのせいにしますね。
調べることなんて不可能ですし、指名してしまった以上キャンセルやチェンジも難しいケースもあります。
なので、写真指名はリスクも伴ってくるのです。

初心者の方にオススメしたいのは、写真指名ではなく、電話番(電話受付のボーイ)と話し合うことです。
その際は、あまり長い説明はしないようにしてください。ザックリと好みのタイプを伝えるだけで良いのです!あまり長ったらしく「スタイルは細くて、身長は小さくて、顔は小動物系のカワイイ系で、性格はエロくて、下着は・・・」などと注文をつけると、「自分の嫁に言え」と思われてしまう可能性があります。
いいですか?この電話番にあなたの受けられるサービスが決められるのです。
いくら、店と客と言えども、人と人です!気持ち良くお付き合いしましょう!
ただし、態度の悪い電話番だと感じたら、その店はレベルが低いので「また今度にします」とスマートに電話を切りましょう。

ここで電話番に言ってはいけない、好みの伝え方を紹介します。
「ぽっちゃり系の子をお願いします」
あなたが言いたいことが『少しふっくらしている愛嬌のある子』だとしたら、危険です。9割の確立で巨漢が来ます。「胸の大きな子」も同様、胸は大きいが体もかなり大きい子が来ます。
「熟女がいいです」
これも危険!あなたが伝えたいことが「若い子が苦手だから大人の色気のあるキャスト」を指しているのなら間違い。お年寄りが来てしまう可能性大。
電話番は、一般的に人気のない嬢をあの手この手で僕たちに案内するという役目があります。言葉は選びましょう。

ここでのポイントは、『多くを求めない』
最低限、あなたが求める容姿を伝えるのがベスト。
『細身の子』『エロイ子』『美人系』『小さい子』等。

マニア専門店もあります。
『人妻専門』や『ぽっちゃり専門』等。
あなたが譲れない好みがあるのなら、マニア専門店にお願いするのも話が早く良い手段ですよ!

 

【挨拶編】

嬢が来たら、とりあえずは焦らないでください。
嬢がもっとも嫌うのは、まだコース選択もしていないし料金も払っていないのに、抱きついたり触ったりする客です。
逸る気持ちはわかりますが、嬢は僕たちから料金を貰ってから心の切り替えをします。

どうして嬢の機嫌をとるのか。
簡単です。嬢の気分によって、少なからずプレイに影響が出るからです。
「そんなのプロじゃないじゃないか!」と腹を立ててしまう方は、残念ながら僕の攻略法を駆使することはできません。

あくまでも・・・人と人なんです。

特に風俗は体と体のお付き合い。ほんの短い時間かもしれませんが、その時間は深いものとなります。
特に女性は、洋服を脱ぐことにさえ抵抗を感じるものなんです。
真理を言ってしまえば、今の時代女性の裸にそこまでの価値があるものか?と聞かれれば答えはNOです(汗)裸を見たいだけであればネットで画像検索すれば、いくらでも際どいものが見られる時代ですし、アダルトビデオなんか100円で借りられる時代。無料の投稿動画など、方法さえわかれば女性の裸なんて転がっています。
しかし、いつの時代も女性は自分の体(裸体)に価値があると思っているもの。
それでいいじゃないですか!
むしろ、そう思ってくれていたのなら好都合。拝み倒しもてはやしていればサービスも向上!誰も傷つかず平和にエロの世界を堪能できます。

嬢と会った感想を言ってあげるのも、嬢をその気にさせるテクです。
「かわいいね!ビックリしちゃったよ!」「細いね!モデルさんみたい!」「女優の○○に似てるって言われない?僕その人大好きなんだよね!」等。
プラス視点からの感想を言うことで、会話が盛り上がり、嬢とあなたの距離が縮まることもあるのです!

ただし、明らかに態度の悪い嬢には遠慮せずチェンジ・キャンセルと言っても構いません。
目線も合わさずタバコを吸い携帯を見ながら「何分?」とそっけなくするような嬢にお金を払う必要はありません。
そのような嬢のプレイ内容も期待なんかできるわけがありません。
スマートに帰ってもらいましょう。

店にクレームを入れる際は、感情的にならず、お断りする理由を説明しましょう。
感情的になっても良いことなんかありません。
そして『クレーム』と『侮辱』は違います。
「愛想の無いブスだから無理」と言ってしまうのは、あなたの品格を落とすことになりますので、注意してくださいね!
ここで、スマートにクレームを入れると後々お店との付き合い方が上手になりオイシイ期待もできることがあるんです!

 

【お風呂の前に】

デリヘル店によっては即尺(お風呂に入る前にフェラをしてくれるサービス)があるところもありますが、ここでは一般的な遊び方で説明します!

コースが決まったら、嬢と一緒にお風呂に入ります。
ここでポイント。
デリヘル遊びに慣れてきたら、いかに無駄な時間を短縮しようか考えてしまうものです。
たとえば、嬢が到着する時間に合わせて浴槽にお湯を入れておく・・・など。
僕から言わせれば、そんな4~5分をケチなんて・・・惜しい!
その時間を節約することよりも、いかに浴槽にお湯を溜めている時間内に嬢に安心感を与えるか考えたほうが賢い遊び方だと思うんです。

huro
まず、嬢は当然ながらお金のために働いています。(嬢個人の欲求不満から・・・なんて話は官能小説にしかないものだと思ってください。そんなエロイ展開は小説だからなのです)
なので、経済的余裕がある客のほうが信頼がおけるのです。
お湯をはって、嬢を待ち構えすぐに仕事してください・・・という姿勢は必ず伝わってしまいます。
そのときに、あなたがいくら「キミとの時間を少しでも長くつくりたいから」などと格好つけても、嬢は心の中ではテンション大幅にダウン。『ケチな客』と認定されてしまいます。

時間を無駄にしたくないなら、もっとスマートな方法があるんです!
一分でも無駄にしたくない人は必見です!

お湯を入れている間、あなたと嬢にはまだ他人の空気が流れています。
それを、エッチな話題に持っていくことで距離は縮まります。
しかし、なかなか女性に唐突にスケベな話はできないもの。
そんな時は、嬢の外見的なセクシーポイントの話題から入りましょう!
「今日の洋服ずいぶん胸の部分開いているんだね!目線に困るよ(笑)」
「形の良さそうな胸だね?ちょっとだけ触ってみてもいい?まだ早い!?(笑)」
「うわー、見た目だけでなくて触った感じも好みだ!大きくて柔らかいね!」
「乳首も綺麗な色だね?チュッてしてみてもいい?」

ね?お湯を溜めている間にどんどんピンクな関係になれるんです!
それって、早くお風呂に入って嬢の体を『見る』よりもエッチな時間だと思いませんか?
無理強いは空気が悪くなるのでオススメでいませんが、相手はこんなこと慣れていますので、サービスの良い子だったら、綺麗な声を聞かせてくれますよ(笑)

これは、嬢との駆け引きなんです。
いかに嬢に気持ちよく仕事をしてもらい、料金以上の満足感を得られるかは、あなたの力量でもあります。